2011年06月28日

キツネの手作り人形の創作童話

 どうも先日26日のゑの木市は寝坊しない為にわざわざ狐塚君の家に泊まったにも関わらず、色々とはっちゃけて入眠が遅くなってしまった結果、目を覚ましたら14時で結局行けなかった狐です。

 と言う訳で題名からしてそうですが、今回は狐神楽等とは関係ない、ふと見かけた新聞記事について取り上げたいと思います。
 これは今日付(6月28日)の上毛新聞の地域欄に掲載されていた「工夫を凝らしたビデオ作品発表 前橋」と言う記事。
 これだけでは狐とどう関わりがあるのか、と思われる事でしょう。しかし記事にはカラー写真が添えられており、それはどう見ても狐の姿。婚礼装束に身を固めた狐の姿が写っている、そう言う写真でした。
 実のところ、最初に目が行ったのはその写真でありました。よって一瞬、みのわの里のきつねの嫁入り関連の写真か、と早とちりしてしまったものでした。
 しかし続いて記事名を見るとどうやら違う、それだけはすぐに分かったところ。よって少しだけ我に返ったのですが、俄然今度はでは一体どの様な記事なのかと興味が沸くのはもはや定まった仕様、と言うべきかもしれません。

 よって記事から引用するならば写真と関連する部分は以下の様なものでした。
「見栄橋市民芸術文化祭映像部会のビデオ作品・・・5分間の短編20作品を150人の観客が楽しんだ。・・・キツネの手作り人形を使ってナレーションを入れた創作童話・・・」
 つまり前橋市主催の前橋市民芸術文化祭の映像部会にて発表されたビデオ作品の1つが、狐にちなんだ作品であったと言う事であり、その作品のワンシーンが写真として記事に掲載されたと言う事でした。
 なお上の引用部分には含みませんでしたが、この芸術文化祭のビデオ作品は作品として仕上がるまでの一切の工程を撮影者がしたものとの事。作品自体も短編ではありますから5分間との事ですから、それなりにボリュームがある事がうかがえます。更に上の引用部分にもある通り、写っているキツネの人形は手作りとの事を踏まえると中々手の混んだものであるのがうかがえてきます。
 具体的にはどう言う内容だったのかは記事にはありませんが、写真から察するに狐の嫁入りかその辺りが題材となっているのではないでしょうか。
 それにしましてもこういう記事があるのがまた地方新聞の魅力と言えるのかもしれません、そして自分の加わっている狐神楽もまたそうですが、様々な趣味あるいは文化団体があるのだなぁとふと思えてしまったものでした。
posted by 冬風 狐 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | キツネ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

御坊駅のいなり寿しの「狐」

 どうも先月は色々と、正直色々とあり過ぎて疲れ果ててしまった狐です。
 そんな訳で数日前からようやく自由になる時間を得られたので、計画停電のわずらわしい関東を飛び出して西日本をぶらぶらとしております。最もそう長い時間は無いので今は旅行も中間地点を折り返した名古屋より、この記事を書いているところです。
 名古屋の前は関西圏におりまして宿としたのは和歌山でした。そして1泊した後、以前から交流のある方との昼飯を兼ねたオフ会を済ませてから名古屋へと移動したのですが、青春18きっぷ利用かつ時間がありましたので一旦北上して大阪経由東海道線、あるいは奈良経由関西線で名古屋に向かうのではなく、南下するルート、つまり紀勢線経由で名古屋へと向かいました。
P4010886.JPG
 結果として約10時間を和歌山駅から紀勢線・伊勢鉄道・関西線経由で名古屋駅に至るまで要したのですが、全てを普通列車で行くのは和歌山を出る時間が昼過ぎとなった関係から御坊〜串本間は特急利用、いわゆる「ワープ」を行って何とか達成した次第です。
 これにより紀勢線全線走破、並びに和歌山県内のJR線全線乗りつぶしを達成出来た次第ですが、その際、特急に乗り換えるべく20分ほど滞在していた御坊駅にて中々良い狐を見つけてしまいました。
 
 それは御坊駅1番線ホームの新宮寄りにある売店。そこで売られている駅弁の「紀州名物 子安いなり寿し」のパッケージが今回取り上げる「狐」となります。
P4010787.JPG
 御坊駅に立ち寄るのは今回で2度目となりますが前回は紀州鉄道が目当てであり、余りJR駅構内に目を向けてはいませんでした。よって今回はその待ち時間を利用して駅構内の観察をしていた折、ふと売店の外壁に書かれていた「いなり寿し」の文字に誘われていったところ出会った次第です。

P4010796.JPG 
 上の写真がそれとなりますが黄色いパッケージもさる事ながら、そこに描かれている狐の顔がなんともたまらないものです。目が細く鼻が長い、いわゆる狐の特徴を抑えているのは然る事ながら色合いに注目出来ます。大抵、狐が描かれる時は一般的なイメージにある狐色、またそれをモチーフとした赤や黄色で彩られるか、あるいは白狐として白が主体でアクセントとして朱色などが用いられるか、と言うのが一般的であると思います。
 そう言う意味では狐のイメージと言うはある程度、決まっている訳ですがこのパッケージの狐は、狐色をモチーフした狐と白色をモチーフとした狐と言う定型化されているなが手の大きな流れである両者を上手く混ぜたデザインではないかと思えるのです。
 そしてそこに前述した通り、目が細く鼻が長い、そして三角耳と言った狐の特徴をしっかりと盛り込んで色合いを彩りとして明確にしているからこそ、上手い具合に漂っている妖しさには何とも言えない良さを感じてしまいます。
 また個人的には「子安」の文字に魅力を感じます。パッケージにある説明の通り、子安とは安産を意味する言葉ですが、稲荷寿司を通じてイメージされる狐と言う存在は子を産めなかった牝狐が、子供を育てたいが為に他の牝の産んだ子狐を奪って育てる、と言う事があるほど子に対して強い反応を示す獣であります。
 それを考えると恐らくはそこまで深い意味はないのでしょうが、何とも上手い組み合わせであると思えてならない訳です。

 そんな「紀州名物 子安いなり寿し」は5個入りで500円と中々悪くない価格設定。またいなり寿し自体は更にプラスチックのトレーに包まれていますから上手く開封すれば、パッケージは殆どそのままに持ち帰る事が出来るのも嬉しいところでしょう。
P4010800.JPG
 御坊から新宮方面の車窓と言うのは岩代駅前後や紀伊勝浦〜新宮駅間等を中心に随所で、雄大な太平洋を望むことが出来る大変優れた車窓を楽しむ事が出来る区間です。また和歌山よりの区間も冷水浦駅付近等、幾つかの地点で海を一望出来ます。
P4010802.JPG
P4010869.JPG
 海から離れた内陸部を走る区間もそれなりにあるのは事実ですが、のんびりした田園風景が多くを占めておりますし、陸も海も楽しめる、まさに風光明媚な路線であると今回改めて感じたものです。
P4010801.JPG
 その様な中で食べるいなり寿しは何とも格別でしたから、また何時かしてみたいものです。
 なお今回は購入しませんでしたが、いなり寿しと一緒にどうかと進められた「さんま寿し」も中々美味しそうな具合でありました。こちらは確か700円と言う設定でしたが、見たところ新鮮な色合いでしたし、再び訪れる機会あれば食べてみたいものでした。

 写真は全て2011年4月1日撮影、1枚目は新宮駅のLED表示板、2枚目は御坊駅1番線の「いなり寿し」を販売している売店、3枚目は「いなり寿し」のパッケージ、4枚目はパッケージと中身、5枚目は岩切駅付近の車窓、6枚目は紀伊浦神駅付近の車窓、7枚目は特急車内で食した際の様子となります。
posted by 冬風 狐 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | キツネ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

旅行中に見つけた狐達

 どうも狐に関するものを見てしまうとそれだけで嬉しくなってしまう狐です。
 そんな訳で1週間ほど前はパリにいた事を思い出しつつ、今回の欧州旅行の最中に見かけた色々な狐達を取り上げたいと思います。
 昨年の欧州旅行ではポーランドにおいて野生の狐を見かけたものですが、今回はそう言う事はありませんでした。とは言え色々と見かけたものでまずはロンドン南部、West Croydon駅前にあった商店の壁の壁画がそれとなります。この商店、辺りにある店舗と比べても特に古い感じがしていたもので、何の店かと思ってみると英国名物のパブ( http://web.beerintheevening.com/pubs/s/32/32731/Old_Fox_and_Hounds/Croydon )でありました。
P2132366.JPG
 狐狩りをイメージしているのでしょうが、狩られる狐が主人の姿をしていると言うのが何ともキツネ的ではないでしょうか。最も首から上だけが狐で、手は人の手と言うのがやや狐人として見るならば残念な所でしょうか。それでもふとした笑みを湛えている口元は良く似合っていますし、その足元に狐を狩る猟犬がいる構図は中々皮肉な物でしょう。

 そんな英国ですが次に狐を見かけたのはグラスゴーにも行った後、翌日はベルリンに移動すると言う16日となってからの事。この日は狐塚君に連れられる形でAngel駅近くの骨董市へと行った際、その中にスタンプを販売している店がありました。
 それをぶらぶらと眺めていますと何やら狐らしい姿のスタンプがあるではないですか、ちょうど店主が他の客とのやり取りを終えた所であったので、これは狐かと尋ねて見るとまだ狐のスタンプがあるよ、と示してくるではないですか。
P2173776.JPG
 結局、他にも2つの狐なスタンプが出て来た次第で中々柄も良かった事から購入する事に。狐ではない柄のスタンプも1つ加えて合計4つ、〆て28ポンドとなりました。ちなみに「狐が好きなのか?」と尋ねられたのでそうだと返しますと、「俺の妻も大好きなんだ、胸に狐のワッペン縫い付けてるぜ」と言う具合に店主に返されたものでした。
 なおこれ等4つのスタンプの内、1つは狐塚君の手元に渡りましたので現在、手元にあるのは3つのみとなっています。

 そしてドイツへ移動しますと、こちらもそう多くはないのですが英国よりは多く見かけました。写真はないのですがドイツ到着翌日、Saarbrucken空港から中央駅へと路線バスで移動している際、路肩に止まっていたバンの車体に描かれていた青い狐がその始まりとなりました。
 その後、見かけたのはBerlin S-bahnの車内広告にあった狐です。一体何の広告かと思って調べて見ますと、どうやら風力発電への投資会社の広告( http://www.prokon.net/news_archive/2010/prokon-genussrechte.php )の様で8%と言うのは投資家への配当実績を示している様です。
P2194665.JPG
P2194667.JPG
 しかしざっと見ただけでは、どうして狐の写真を使っているのかは分かりませんでした。とにかく良い顔をしている狐と言えるでしょう、なおリンク先では逆向きになった狐の姿を見る事が出来ます。

 続いてはLing bahnに乗って地下鉄のU8に乗り換える際に利用したHermannstraße駅前にあった「PREIS-FUCHS」と書かれた看板にあるメガネをかけた狐の絵。
P2225575.JPG
P2225576.JPG
 これもある意味、狐らしいふと狡猾そうなそんな顔と言えるでしょう。典型的なイメージの方面に上手く描かれているのではないでしょうか、なおドイツ語では狐の事をFuchsと表記します。何の店かは調べていないので分かりませんが、思わぬ出会いでありました。

 終いはポーランドからドイツまで歩いて見よう、そんな謎の思いつきで向かったFrankfurt an der Oder駅構内で入手した狐の顔の書かれたリキュール。駅構内のアジア料理店で食事した際に、棚に並んでいるのを見かけて駅構内の商店で売っていないかと探したところ売られていたので購入しました。
P2235651.JPG
P2235652.JPG
P2235653.JPG
 なおベルリンに帰ってから改めて商店を見ますと、そちらでも売られておりました。とは言えこれまでの旅行では見落としていただけかもしれませんが見かけなかっただけに、どちらでも購入したのは言うまでもなくそのまま日本にお土産として持ち帰ったのは言うまでもありません。こちらの表情もふとした狡猾さを味あわせつつ、中々の美男子な顔つきなのがまた良い所でしょう。
 なお狐とは外れますが酒ではDDR(東ドイツ)なパッケージの物も見つけまして購入してしまったものです。余り酒は飲みませんがこう言うサイズの瓶を見ると、何だか手が伸びてしまうのは不思議な癖だと思っています。
P2235656.JPG

 以上、そんな具合の道中で見かけた狐達でした。矢張り狐好きとしては狐に纏わる物を見れるだけでふと安堵出来るのだなぁ、振り返るにつけて感じられてなりません。
 なお末尾ながらフランスにてクリニャンクールの骨董市に行った際、金属製の狐のブローチを見かけた事を書いておきたいと思います。
posted by 冬風 狐 at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | キツネ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

英国のキツネ事情

 さて久々の更新となりますが、今回は英国のキツネ事情について取り上げたいと思います。
 英国とキツネと言いますと、ブレア政権下でのキツネ狩り禁止法案の制定と言った事で国論が紛糾したりと色々と因縁深い点はある訳ですが、言い換えればそれだけキツネと人間社会が近しいところにある、と言えるのでしょう。
 そんなイギリスで今年の6月、ロンドン近郊の衛星都市にてキツネが双子の赤ちゃんを襲うと言う事件が発生しました。これは日本でも時事通信が報じており( http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_int&k=20100608025121a&rel=y&g=soc )、自分もここからこの事件を知ったと言うものでした。
 最もこの記事だけではあくまでも概要、と言うところですからやはり現地の報道も見てみたいもの。と言う訳で神をも恐れぬパイソンズ、韓○車と共産車とブリティッシュ・レイランドなんてぶち壊して当然、Poweeeeeeeeer!と叫んで仕方ない。でも米国南部の熱狂的福音主義者には敵わなかったジェレミーおぢさんの番組、それらを平然と流す伝統のBBCのサイトにて早速検索してみると、以下のリンクの様な記事が出て来ました。

 「How common are fox attacks on humans?」( http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/8726282.stm )と名付けられた、日本語で書くならば「キツネが人を襲うのはどれくらいありふれた事なのか?」とでもなるのでしょうが、事件の報道と共に英国におけるキツネ事情を紹介している点で興味深い記事と言えるでしょう。
 全てを訳すのは興醒めですし。冗長ですからポイントとして「THE ANSWER」の欄を見てみる事にしましょう。ここではまずキツネが人を襲う事はきわめてまれである事「Fox attacks on humans are very rare」が挙げられいます、この辺りは過度のキツネに対する警戒心や恐怖心をあおらない為、と言うのもあるのでしょう。
 次に挙げられているのは、しかし時には苦痛を与えると噛み付く時もある「But they do sometimes bite if distressed」。そして毎年この時期は生後三ヶ月の子ギツネたち自身の探索をする、「And at this time of year, three-month-old cubs are starting to explore on their own」。つまり巣離れをして、それぞれの縄張りなどを見つけ出す時期であると読める一文から構成されています。
 また本文自体とあわせて読むとどうやらまだ若いキツネが、何らかの事情で家の中に侵入し、赤ん坊に噛み付いたのでしょう。
 なお家の中に侵入する事例としては食べ物の匂いに惹かれて、と言う場合があるようです。布団の中に侵入して寝ている時もあると言うのはお茶目ですが、無用な面倒ごとは避けようとするところがなんとも人間的です。
 そしてこの事件そのものを報じた記事( http://www.bbc.co.uk/news/10251349 )では、この事件を受けて被害を受けた家の裏庭に罠が置かれ、日曜日に1匹のキツネが捕獲され「Humanely killed」、つまり安楽死処分された模様です。
 事件自体を報じた記事の末尾には2002年にも同様の事件があったとの事で、非常に稀な事例と言うのが端々で繰り返されていますが数年に一度は起きている事なのでしょう。
 
 なお「How common〜」の記事へ戻りますと、英国の都市部にどれだけのキツネが住んでいるのか、と言うデータが載っています。
 この辺りはキツネではなくタヌキが、NHKの番組でも特集が組まれるほど住んでいる東京の事例とも比較できる機会があればしてみたい、と思えてしまうところですが「225,000 adult rural foxes and 33,000 urban foxes roam Britain」。つまり英国全土で258000匹いるキツネの内、33000匹が都市部に住んでいるのですから7〜8匹に1匹の割合で都市に住んでいる計算と言えます。
 一方で日本にどれだけのキツネが住んでいるのか、と言うデータは環境省作成の資料( www.biodic.go.jp/cbd/2/ei3-3-8.pdf )によると平成13年に作成されたものでは、10万頭を超える程度。
 最も根拠となっている資料の一部が1981年のデータですので最新のではない、と言えるところですが個人的には大体その程度ではないのかと言うのが印象です。
 何故なら本州に比べて圧倒的にキツネを見る機会の多い北海道、つまりキタキツネに関して国立感染症研究所の資料( http://idsc.nih.go.jp/iasr/22/260/dj2605.html )では疥癬の流行による個体数の現象が指摘されています。
 加えて4年ほど前に北海道の温根湯温泉にキタキツネを見るべく訪れた際、帰りの留辺蘂駅までのタクシーの中で運転手の方より伺った話でも、以前は夜になれば駅前までキタキツネが現れたのが最近はめったに見なくなった。との事ですから、我が国におけるキツネの少なさは単純な国土面積の差を除いても英国に比して明らか。
 対して英国のキツネの生息数は大きく、故に都市部に進出していても不思議ではないのかもしれません。そして1930年代以降に都市部でのキツネが確認されるようになった、と言う行もまた興味深く。ちょうど歴史的に見れば第一次世界大戦と第二次世界大戦の戦間期であり、欧州にはファシズムとコミュニズムが渦巻きつつあった時代ですが、一体どうしてそんな時代に?と興味は尽きません。

 それ以外にもキツネの野生化での寿命の話題や「fox-lover」即ちキツネ好きが設立した「National Fox Welfare Society」なる団体、そして野良狐に対して好意的な英国の世論等に触れられている、興味深い記事であると言えるでしょう。
 日本では同様な調査があるのかはわかりませんが、狐耳だとかそう言うのに対する萌と無理やり関連付けてみるのも有かも知れません。なお前述の団体のサイト( http://www.nfws.org.uk/ )を拝見しましたが、中々キツネ好きとしてはおいしいサイトでなりません。
 それ以外にもBBCには「RED FOX」と題されたページ( http://www.bbc.co.uk/nature/species/Red_Fox#intro )があり、中々キツネ好きのツボをついていると言えましょうか。最も各種動画に関しては日本からの視聴が出来ないのが残念ですが、メスキツネの鳴き声が聞けたり動画こそ見れないものの、キャプションからどう言う内容なのか想像するのもまた面白いのではないでしょうか。

 キツネが赤ん坊を襲う、と言う記事から始まって色々と見る事になって、この様なブログを書いてしまった訳ですが興味深さと共に、改めて我が国のキツネ事情が気になってしかない、そんな心地でありました。
 拙い英語力で辞書を片手に読み解いていたので、読み違い等があるかもしれません。その様な点が若しありましたらコメント欄にてご指摘頂ければ幸いです。
posted by 冬風 狐 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | キツネ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。