2015年05月19日

東林間のキツネ展と東林間神社お参り

 今月は中々に多忙で、久々に家でのんびりとしている狐です。そんな具合故に、特にどこかへ出かける事もないままに過ごしてはおりますが、先の木曜日にふとしたお誘いから東林間にて開かれている「キツネ展」へと行ってきました。
P5146038.JPG
 まずは東林間とはどこか、から大抵の人はなるかとは思いますが鉄道路線で示せば小田急江ノ島線の駅名ともなっている地名です。東京都心からならば新宿から小田急線で相模大野、渋谷からなら田園都市線にて中央林間、と行き、それぞれ江ノ島線に乗り換える形となります。
 私自身、東林間には今回のお誘いがあるまで時折、急行だとかで通過する以外は降り立った事はないものでした。何せ一帯は住宅街そのものであり、そもそも歴史を紐解けば「林間」との地名自体が、戦前に当時の小田原急行電鉄(現在の小田急)が都心から離れた郊外型住宅地として売り出した「林間都市計画」に由来するもの。
 それ等を踏まえれば、特に用事がある以外は降りる機会を見出すのが難しい場所でもある、と十分に言えてしまえるでしょう。

 その東林間駅の西口を出て右手、踏切のある通りを更に西へ向けて数分歩いたところにある雑貨店「ナツメヒロ」、そちらが今回訪れた「キツネ展」( http://fude-bako.natsumehiro.com/?eid=874562 )の開かれている場所となります。
P5146020.JPG
 この「キツネ展」は、会場が雑貨店である事からも察せられる通り、3月に訪れた山梨県立科学館にて開かれていた写真展の様な催しではなく、狐をテーマとした各種雑貨を一堂に集めたもの。
 店内自体はそうは広くはないのですが、その中に所狭しとアレンジされた狐面やら各種狐グッズが並べられている様に狐好きの心をくすぐられる事は違いないでしょう。また、何かこう、ひとつそうしたグッズへ部屋に飾りたい、あるいは身に着けておきたい、と思っている方には正に天恵、とすら評せてしまえそうな内容でありました。
 私自身も眺めている内に、ふっと心奪われる狐グッズを見つけて、ちょうど下ろしてきたお金を持ち合わせていたものですから、幾つか購入してしまった次第。今は、さて部屋のどこに飾ろうか、と考えているそんな具合です。
 詳細については前掲のURLより公式ブログにて確認して頂きたいものですが、購入時に頂いた案内では12時から19時の営業時間にて6月7日までの開催。店休日となるのは火曜・水曜・祝日、とあるものです。

 そして、この会場となっている雑貨店「ナツメヒロ」から道路を挟んで西寄りの斜向かいには、東林間神社があります。
P5146022.JPGP5146026.JPG
 神社自体は昭和31年創建、と戦後生まれの比較的新しい存在ではありますが、境内にあります稲荷神社は大正6年に秦野の白笹稲荷神社より分祀されたものでありますので、東林間駅の開業以前からこの土地に在るお稲荷さん、となります。
P5146030.JPGP5146032.JPG
 こちらにつきましても、「キツネ展」に足を運んだのを機にひとつ、お参りなどよろしいかもしれません。東林間神社の境内自体は集会所や遊具が設置され、時として地域の人々による利用が見れるところがありますが、お稲荷さんについては凸状となった場所に静かに狛狐を従えておられますので、静かにお参りが出来るのではないかと思えるところです。

 写真は全て2015年5月14日撮影。
posted by 冬風 狐 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 狐名所・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。