2011年06月28日

キツネの手作り人形の創作童話

 どうも先日26日のゑの木市は寝坊しない為にわざわざ狐塚君の家に泊まったにも関わらず、色々とはっちゃけて入眠が遅くなってしまった結果、目を覚ましたら14時で結局行けなかった狐です。

 と言う訳で題名からしてそうですが、今回は狐神楽等とは関係ない、ふと見かけた新聞記事について取り上げたいと思います。
 これは今日付(6月28日)の上毛新聞の地域欄に掲載されていた「工夫を凝らしたビデオ作品発表 前橋」と言う記事。
 これだけでは狐とどう関わりがあるのか、と思われる事でしょう。しかし記事にはカラー写真が添えられており、それはどう見ても狐の姿。婚礼装束に身を固めた狐の姿が写っている、そう言う写真でした。
 実のところ、最初に目が行ったのはその写真でありました。よって一瞬、みのわの里のきつねの嫁入り関連の写真か、と早とちりしてしまったものでした。
 しかし続いて記事名を見るとどうやら違う、それだけはすぐに分かったところ。よって少しだけ我に返ったのですが、俄然今度はでは一体どの様な記事なのかと興味が沸くのはもはや定まった仕様、と言うべきかもしれません。

 よって記事から引用するならば写真と関連する部分は以下の様なものでした。
「見栄橋市民芸術文化祭映像部会のビデオ作品・・・5分間の短編20作品を150人の観客が楽しんだ。・・・キツネの手作り人形を使ってナレーションを入れた創作童話・・・」
 つまり前橋市主催の前橋市民芸術文化祭の映像部会にて発表されたビデオ作品の1つが、狐にちなんだ作品であったと言う事であり、その作品のワンシーンが写真として記事に掲載されたと言う事でした。
 なお上の引用部分には含みませんでしたが、この芸術文化祭のビデオ作品は作品として仕上がるまでの一切の工程を撮影者がしたものとの事。作品自体も短編ではありますから5分間との事ですから、それなりにボリュームがある事がうかがえます。更に上の引用部分にもある通り、写っているキツネの人形は手作りとの事を踏まえると中々手の混んだものであるのがうかがえてきます。
 具体的にはどう言う内容だったのかは記事にはありませんが、写真から察するに狐の嫁入りかその辺りが題材となっているのではないでしょうか。
 それにしましてもこういう記事があるのがまた地方新聞の魅力と言えるのかもしれません、そして自分の加わっている狐神楽もまたそうですが、様々な趣味あるいは文化団体があるのだなぁとふと思えてしまったものでした。
posted by 冬風 狐 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | キツネ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。