2011年05月31日

狐神楽の新たな狐「霧若丸」

 先の日曜日は1ヵ月振りの狐神楽の稽古となった狐です。
 本当であれば先週の日曜日にも予定はされていたのですが、諸般の事情により中止になりましたので心待ちにしていたものでした。
 とは言え、その前に立寄る所に立ち寄って盛り上がった等してしまったので、稽古の開始時間には間に合わずやや遅れての到着となったもの。今回の参加者は百合之介さん、とんかつさん、夕吉さん、月姫さん、そして自分の5名となり、メインの部屋では百合之介さん、とんかつさん、夕吉さんの3人が踊りの稽古をしていましたから、別の部屋にて月姫さんと共に自分は太鼓、月姫さんは笛の稽古をして過ごしていました。
 遅れて参加した事もあり、自分が稽古を出来たのは1時間少し程度とやや短めではありました。とは言え、自宅ですと太鼓を叩く事は厳しいものがありますし、その点において矢張り短時間とは言え太鼓を叩く事が出来ただけでも良しと個人的には言えるところです。

 さてそんな稽古の片隅に置かれた机の上に何やら見慣れぬ物が置かれていました。
 それは狐面。狐面自体は狐神楽なので有り触れた個々の装備の1つでありますが、今回見かけたのは新たな狐面、それ故に見慣れていなくて当然であったと言う訳です。
P5290183.JPG
 その狐面の名前は「霧若丸」、夕吉の新しい狐面であり、百合之介さんの火狐面やとんかつさんの水狐面、狐耳君の土狐面に続く第4の職人によって打って造られた狐面となります。
 1ヵ月かそれほど前にいよいよ造る事になる、と言う話は耳にしていましたが中々早い段階で出来上がったもの、と言う印象をふと抱いてしまったものでした。
P5290184.JPG
 ちなみにこの狐面「霧若丸」は名前の通り、子狐を意識しています。これは被る事になる夕吉さんと関連してのものですが、中々愛らしい顔でありますし、実際にこの狐面が舞台で舞う所を見るのが何とも待ち遠しく思えてしまうものです。
 ちなみに自分の場合はまだ自前の衣装すらないのでこの様な話は当然ありません。そもそもちゃんと舞台に出た事も実質的にはまだない新参の身ですから、今は静かに出来る事をするのに徹している、そんな状況であります。
 また自分の役柄が「木狐」であるからか「きりわかまる」と聞いた時、ふと脳内に「霧」ではなく「桐」の文字が浮かび「桐若丸」と勝手に浮かべていた、そんな余談にもふと触れておく事と致しましょう。なおこの「霧若丸」の役柄は「水狐」ですから「霧」の字が至極、相応しい文字であるのは言うまでもありません。
P5290188.JPG
 なおこの件は百合之介さんのブログでも取り上げられていますので、興味のある方は是非ご覧下さい。以下のリンクがそれとなります。
 http://blogs.yahoo.co.jp/consamano1/35634023.html

 写真は全て2011年5月29日撮影。
posted by 冬風 狐 at 07:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 狐(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キツネの画像をサムネに使ってもよろしいでしょうか?
Posted by 名無し at 2012年03月04日 20:23
キツネの画像をお借りしてもよろしいでしょうか?
Posted by 名無し at 2012年03月04日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。