2011年07月29日

石和温泉のお天狗さんとお稲荷さん・前編

【探訪日時】2011年7月28日
【場所】山梨県笛吹市石和町松本
【施設名・交通手段】
・天狗神社(山神宮)
 →石和温泉駅から徒歩15分、山梨交通松本西停留所より徒歩2分
・普賢願生稲荷神社
 →石和温泉駅から徒歩20分、山梨交通・富士急バス鵜飼山停留所すぐ
・石和八幡宮境内社稲荷神社
 →石和温泉駅から徒歩18分、山梨交通・富士急バス石和温泉駅入口停留所すぐ

自分の稲荷神社巡りと言うのは大抵、地図を眺めていて見つけたお稲荷さんへ行くと言うもの。今回もそうして帰省中の時間を利用して久々の稲荷巡りを行う事になりました。
 最も今回はお稲荷さんと共に天狗にまつわる神社も含まれています。これも地図で見つけて気になった、と言うのが大きなものでしたがもう1つ、ある理由がある事を述べなくてはなりません。
 実は2ヶ月ほど前からコスプレを始めました。これは本来、こちらで触れる話題ではありませんが、そのコスプレのきっかけとなったのが東方Projectに出てくる犬走椛と言うキャラクターです。このキャラクターの設定にある種族は白狼天狗、つまりデフォルメこそされていますが天狗のコスプレをしている、と言えるのでそこから天狗にも関心を抱いていた矢先に、ふと地図を眺めていると「天狗神社」の文字を見つけましたので、あわせて確認した市内のお稲荷さんとセットで足を運んだと言う次第です。
 よって比較的長くなるかと思われますので今回は前編として「天狗神社」の里宮を、続けて中編として「天狗神社」の本宮、最後に後編として2つのお稲荷さんを取り上げたいと思います。

 甲府駅12時45分発の高尾行にて石和温泉駅に降り立ち、早速歩き始めたのは間も無く13時になろうかと言う頃。駅前から温泉郷に続く道ではなく、線路に沿って西へ向かう道を歩いていくとやがて道は線路を乗り越します。なおその際、目の前に見える山が今回訪れた天狗神社の鎮座している山となります。
P7280584.JPGP7280591.JPGP7280596.JPG
 線路の真上を越えた所にある脇に下りる小さな階段を下り、下りた場所にあるボックスカルバートを抜けると国道140号線に行き当たるので、左に折れるとすぐに現れるボタン式の信号機が参道の入口と言えるでしょう。
 実際、その信号の名前は「山神宮入口」。そして渡ったところに続いている細い路地の入口には石塔と同じく石で出来た幟立があり、車が頻繁に行きかう傍らに静かにたたずんでいる姿を見る事が出来ます。
P7280599.JPGP7280600.JPG
 道路を渡り路地に入った後は、車1台通れるのがやっとと言う幅のそれをそのまま道なりに進みます。途中で半ばカーブと角が一体化した様な場所がありますが、そこは直進せずにカーブしている左手へと進みましょう。そして突き当たりの角を右に曲がって進んでいくとふとした短い傾斜の先に、鳥居こそありませんが大木の下に古い一軒家の様な社が見えてきます。

 この社が天狗神社の里宮で目の前はゲートボール場、周囲はブドウ畑と住宅に囲まれていますが石積みの上に建てられた拝殿はしっかりとしたもので、鳥の彫られた板が他の神社では神額のある場所に掲げられています。また傍らには石和町によって建てられた由緒板があり、それを読む事でこの神社の持つ歴史の古さを伺う事が出来ます。
P7280604.JPGP7280607.JPGP7280612.JPG
 なおここに至る際にすれ違った地元の方と挨拶を交わし、神社にお参りに来た旨を話すと「今から山に登るのかい、気を付けてね」と言葉をかけられました。実は前述した様にこの社は天狗神社の里宮であり、地図上では「山神宮」と記されているのがこの社です。
 一方「天狗神社」の文字は「山神宮」の背後にある等高線の中、つまり山の上にあります。そしてこの2つの神社は石和町の立てた由緒板では「山神宮」としてまとめられているので、「天狗神社」と言う呼称は正式には正しくないのですが、地図の上では里宮が「山神宮」、本宮が「天狗神社」とされていますから本宮につけられている名称を優先して「天狗神社」としている次第です。
 よってこの里宮だけでは天狗神社にお参りした事にはなりませんので本宮を目指すとしましょう。本宮へ続く道は里宮の社の左にある坂道、コンクリートで舗装された坂道を少し登ると大木の下に鳥居が現れます。
P7280611.JPGP7280615.JPG
 コンクリートで舗装された道は鳥居と大木を避ける様にカーブを描いていますが、徒歩ですのでそのまま直進。そして鳥居をくぐり、大木の下にある小さな社に一礼して進むとカーブしてきた道に再び戻れますので、余り意味はないですが徒歩の経路だとカーブを短絡出来る、と言えるでしょう。

 道に戻るとすぐに現れるのがブドウ畑、既にブドウ畑の中を道は進んでいるのですがそこで道は本当の意味でブドウ畑の中へと入っていきます。そう道をブドウ棚が横切っているのです、言ってみればブドウ棚のトンネルでしょう。明らかに軽自動車以外は通過出来ない、そんな場所を過ぎると右手に甲府盆地が一望出来る場所になりますが、すぐに道はクランクとなって更に山肌を登っていきます。
P7280618.JPGP7280622.JPG
 その後はひたすら道なりに進んでいきます。なお前述したブドウ棚やその類が道路の上を覆っている箇所は2箇所ほど出現しますので、元々は人が歩く程度だった道をむりやり拡張した結果、こう言う妙な光景が複数出現したのだろうか?とふと考えられましょう。
 また道路上に落ちている果実には虫が多数おり、虫嫌いの人にとっては中々辛いかもしれません。個人的にはそう感じませんでしたし、むしろ複数のオオムラサキと思しき蝶の姿が見えたので。すっかりそちらに関心が行っていたものでした。
 そして傾斜が更にきつくなり、路面の状況も悪くなってきた辺りで唐突にコンクリート舗装の道は行き止まりになります。そこからは今度こそ人しか歩けない未舗装の細い道へと変わり、足を進めて間も無く、道はまたも軽いクランクを描いて斜面を登っていきます。
P7280629.JPGP7280630.JPGP7280631.JPG
 当然傾斜はより急になりますが、少し進んだ所にある獣害防止用の柵に設けられた扉の先に続く道と比較したらそれはまだまだ緩いものでした。

【「石和温泉のお天狗さんとお稲荷さん・中編」へ続く】

・写真は全て2011年7月27日撮影
posted by 冬風 狐 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お稲荷さん探訪録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

狐神楽で撮影旅行に

 どうも昨日は本当に天気が良くて助かった、と思っている狐です。
 昨日、つまり7月18日は久々に東北地方へと足を運んできました。東北地方、として見ると4月と6月に福島県いわき市へ足を運んでいますから今年3度目となりますが、いわき市は茨城県との県境付近で東京とのつながりが強い、つまり関東の延長と言えてしまえる範囲にあります。
 そうなりますと今回足を運びました岩手県は正に東北。故に久々の東北地方と言えるものでしょう。そしてこれは自分が参加している狐神楽の撮影旅行の為でもあり、JR東日本パスを使っての1日となりました。

 東京駅を7時16分発の「はやて211号」にて出発し、途中の上野と大宮で合流した今回の撮影旅行の参加者7名が下車したのは岩手県は水沢江刺駅の事でした。
P7180395.JPGP7180472.JPGP7180479.JPG
 ここからバスに乗り換えて向かったのは「歴史公園 えさし藤原の郷」。ここは大河ドラマで作られたセットを基として整備された、奥州藤原氏にちなんだ施設となっており、狐神楽の持っている世界観にそれらの建物が合うとの事から今回の撮影旅行が企画されたと言う次第です。
 事前に施設の方には百合之介さんがその旨を伝えておいて下さいましたので、荷物の置き場所、また着替え場所として用意されていた場所に一旦立ち寄って支度をしてから早速撮影へ。
 今回、自分は狐面こそあるものの衣装がありませんし、また狐神楽の中における狐としての設定も確定していない事から旅行全体の管理と撮影役に徹する事になりました。
 全体として要した撮影時間は11時頃から16時過ぎでしたのでおよそ5時間にて5名、役柄としては6役を撮影すると言う中々の過密スケジュールでしたが、天気も良かった上に観光客の方も三連休の最終日と言うのもあってか少なかったのが幸いし、何とかこなす事が出来たものでした。P7180540.JPGP7180603.JPG
 最も天気が良かった、つまり関東に比べると湿度が低い暑さであったとは言え、かなりの暑さであったので参加者一同汗だくになっていたものです。それでも充実した時間でありましたし、今回撮影した写真は今後、様々な場面で活用していく事になるでしょう。

 撮影を終えて、バスが終わっていたのでバスで水沢江刺駅に戻り、仙台へ移動して夕飯。食べたのは時間の都合もあり仙台駅地下のレストラン街となりましたが、比較的安価に牛タン、また牛タンにちなんだ料理を食べる店にありつけたのも美味しかったものです。また疲れた体には芋焼酎も心地よいものでした。
P7180905.JPG
 そして東京に戻る新幹線は自由席利用、かつ混雑していたのでばらばらに座ってしまいましたから解散は流れとなってしまったものですが、全体として上手く行ったものでしょう。
 それにしましても個人的にはこんなに早く、狐神楽として旅行、それもテーマを持った撮影旅行が出来る様になるとは、と言うある種の感慨深さも抱けてしまったものでした。それだけ活動として流れが出来てきた、と言う事でしょうし、今後とも様々な形で協力していけたらと思えてしまえたのでした。

 写真は全て2011年7月19日撮影。
posted by 冬風 狐 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 狐(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。