2011年03月16日

修繕でまた狐面をリニューアル

 どうもまた狐面の色合いが変わった狐です。
 これは前回、王子消防署のイベントに狐神楽の一員として参加した際、月姫と言う名のおてんばな「おぢさま」に、悪戯されまして狐面がしょげてしまった為に気分一新と言う事で塗り直し・・・ではなく狐面が月姫さんとぶつかった際に地面に落下し、一部が破損してしまったので修繕も兼ねて塗りなおした次第です。
P3070005.JPG
 破損した事自体は前回の記事でも触れた通りで、一旦ニスを塗って固めてから色を塗る、ついでに顎周りが濃い緑一色でしたから当初は明るい緑を破損した箇所を中心に塗り、2色の顎周りにする予定でした。
 ところが色を塗り始めて間も無く、いきなり襲ってきたのが月姫さんでも土狐君でもなく地震。そう11日の東日本大震災の本震であり、色々と安否確認等で塗る作業を中断して途中のまましばらく放置しなくてはならなくなりました。

 地震でしばらく放置して変な乾燥をしてしまったからか、それとも早く塗ってしまわないと言う気持ちで焦り水を多くし過ぎてしまったのか、その原因は分からないものの、しばらくの中断後に色を塗り上げて乾いた狐面を見ると、新たに塗った箇所のひび割れが酷く見栄えがどうも良くありません。
 故に更にその上から色を塗ってしまう事にして再び作業をした結果、左頬は渋い緑、右頬は明るい緑の2色の筋を引き首側の顎周りは白く塗って仕上げる事になりました。
P3160592.JPG
 最もその時は白い部分は乾いた後、新たに何か色を塗る考えでいました。いわば下地の白、と考えていたのですがいざ塗ってみると意外と悪くない色合いになったので、そのまま採用したという次第です。
 残念な事にこちらも乾燥してきますと若干のひび割れが生じておりました。とは言え次に狐面を表に出す機会、3月のゑの木市まで時間もありませんし、どうしてひび割れが生じるのか突き止められていなかったので、対処のしようがありません。つまり新たに塗ったとしても更なるひび割れが起きない保証がなかったので、当初の緑に仕上げた時よりも生じたひびが目立たなかったのも考慮して、このままニスを塗って完成としたのでした。
P3160593.JPG
P3160594.JPG
 
 そんな訳で完成した狐面、風麿面3代目塗装。土狐に髭を1本抜かれ、その部分が桃色に染まり、月姫に弄られて顎の毛を抜かれて、白く生え変わってしまった次第ですが今後ともよろしくお願い致します。なお鼻筋や目元なども薄く白く塗った事を末尾ながら書いておきましょう。
posted by 冬風 狐 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 狐(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

緑の衣装を身に纏った日

 どうも狐面を被っていると少しは花粉症がマシになる狐です。
 先月の半分は欧州に行っておりましたから、半ばにありました二の午には参加出来なかった事もあり、3月6日の日曜日はほぼひと月ぶりの王子となりました。2月と比較すると矢張り暖かい、と言うのが一番感じた事でしてその様な中、今回は初めて衣装を調えて狐面を被って行事へと参加してきた次第です。
 その行事と言うのは王子消防署主催のイベント「防火防災感謝祭」への出演、と言うもので今回参加したメンバーは火狐さん、月姫さん、土狐君、夕院さんそして自分、風麿の五狐と言うところで個人的には水狐さんがいないのがちょっと意外なところでしたがこう言う時もあるのでしょう。

 狐神楽に加わってからそろそろ半年と言う所になりますが狐面や撥は手に入れたものの、実はまだ自らの衣装と言うものがありません。それ故にこれまでのゑの木市では頭にこそ狐面を被りますが、基本的には普段着のままで参加しておりました。よって役割も決まったのも踏まえてそろそろ衣装を、と言う話も少し前より出て来ており、しばらくは土狐君の昔の衣装を借りてはどうか、とも話をしていたところでした。
 とは言え当日、王子に行くと、これもまた縁なのでしょうが王子にて色々とお世話になっている菊秀さんより、多少焼けてしまっているとは言え緑と青の衣装を貸してもらえる事になり、それをお借りして身に纏う事になった次第。
 正直袴は初めての事で、色々と土狐君に手伝ったもらいつつ着用。元々細身なので洋服でも着るサイズは結構注意しているのですが、和装ではそれがより際立ってしまい、少し動くと上着が肌蹴気味になると言う問題こそ発覚しつつも何はともあれ着れましたので、荷物を持ってしばらく歩き、会場の王子消防署へと向かったのでした。 
 
 会場は好天にも恵まれた為、多くの人で賑わっておりました。そんな中でしばらく待機してから小規模ではありますが消防署の敷地内で小さな円陣を作り、菊秀さん製作の紙製の狐面や裃を身に着けた子供達を交えて太鼓の音にあわせて狐の行列をすると言うのが今回の内容。
 これまでは専ら撮影役等をしていたので、こう言う形で中に入るのは初めてでしたから、色々と戸惑いつつもこうかこうかと試行錯誤しながら行列をしたものでした。今回写真が殆どないのは普段は撮影役の自分が行列に参加していた、その為でもあります。
 色々と試行錯誤していたのが良く現れているのが下の写真でしょう、これは会場を後にして着替える場所にて撮影した集合写真ですが奥で普通に立っているのが自分、風麿です。一応、手でポーズは取っていますが明らかに1人だけ背景と化しています。
P3066189.JPG
 初めてなので致し方ないのもあるかもしれませんが、次からはもう少し動きをとってみたいものです。そうしないとこうして後々に写真を見た時に、軽く黒歴史になりかねません。
 また今回、繰返す様ですが初めて衣装を身に纏いますと色々と関心が出て来ます。即ちそれは衣装に対する関心と言うもので、これまでは将来的なもの、と言う具合で見ていましたが距離がぐっと縮まった、そう言う印象を抱けます。写真を見る限りではしっかりと衣装を新調出来たなら、手元の皮膚の部分も覆えたりするのも良いかもしれない。
 つまり頭に布を巻いている様に、手の甲もそうやって何かを巻いて皮膚を露出出来ない様にする、そうしてしまった方が色々と狐らしくなれるのではないかと思ってしまったものです。最もまずは中身、つまり担当する太鼓が満足に出来なくては困りますから、そちらを重視するのが重要なのでしょう。

 その後は、土狐君こと狐耳君がTwitterのフォロワーさんである鉄路野狐さんをお呼びしており、来て下さったので夕方の稽古までの空いた時間は都電に乗ったりしてぶらぶらとして軽いオフ会となった次第。鉄路さんは自分のフォロワーさんでもありますが、まさかこうしてお会い出来るとは思っていなかっただけに中々楽しかったものです。
P3066209.JPG
P3066215.JPG
 また都電に関しても久々の乗車となり、現在都電で運用されている形式の全てを見る事が出来る等、色々と和めるひと時となったのでした。三ノ輪橋にある都電の停留所を挟んでいるお稲荷さんと龍神さんにも久々にお参り出来たのも幸いなものです。

 そして鉄路さんと上野で別れた後は浅草に移動し稽古へ。普段は地下鉄で行き、駅から歩いていくのですが今回は都電で途中下車を幾度もする事を踏まえて、都営のフリー切符を購入し使っていましたから都バスで浅草へ。地下鉄よりも稽古場の近くまで行けますし、地下鉄を利用し駅から歩くのと時間的には大差ないのも踏まえると、今後はこの系統を良く使う事になりそうです。
 稽古自体は1月以来の参加にもなり、少しばかり雑談が暴走してしまい失礼した面もありましたが、基本的には太鼓の稽古で終始しておりました。
 矢張り自宅等ですと自分で練習していても音の問題等でしっかりと叩く事が出来ず、生煮えになってしまうところがあるだけに改めて稽古のありがたさを痛感します。今後も可能な限り参加していきたいものでした。
 さて次に王子へ行くのはゑの木市に際しての事になるでしょう。それまでに色々とまたして行きたいものです、何よりも今回、ふとした事情により一部破損してしまった狐面も修復しないとなりません。
P3070005.JPG
 幸いにして時間は2週間ほどありますから修復も兼ねて、わずかではありますが色合い等を変更してみようかとも考えつつの帰国後初めての狐神楽の1日でした。
posted by 冬風 狐 at 08:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 狐(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

旅行中に見つけた狐達

 どうも狐に関するものを見てしまうとそれだけで嬉しくなってしまう狐です。
 そんな訳で1週間ほど前はパリにいた事を思い出しつつ、今回の欧州旅行の最中に見かけた色々な狐達を取り上げたいと思います。
 昨年の欧州旅行ではポーランドにおいて野生の狐を見かけたものですが、今回はそう言う事はありませんでした。とは言え色々と見かけたものでまずはロンドン南部、West Croydon駅前にあった商店の壁の壁画がそれとなります。この商店、辺りにある店舗と比べても特に古い感じがしていたもので、何の店かと思ってみると英国名物のパブ( http://web.beerintheevening.com/pubs/s/32/32731/Old_Fox_and_Hounds/Croydon )でありました。
P2132366.JPG
 狐狩りをイメージしているのでしょうが、狩られる狐が主人の姿をしていると言うのが何ともキツネ的ではないでしょうか。最も首から上だけが狐で、手は人の手と言うのがやや狐人として見るならば残念な所でしょうか。それでもふとした笑みを湛えている口元は良く似合っていますし、その足元に狐を狩る猟犬がいる構図は中々皮肉な物でしょう。

 そんな英国ですが次に狐を見かけたのはグラスゴーにも行った後、翌日はベルリンに移動すると言う16日となってからの事。この日は狐塚君に連れられる形でAngel駅近くの骨董市へと行った際、その中にスタンプを販売している店がありました。
 それをぶらぶらと眺めていますと何やら狐らしい姿のスタンプがあるではないですか、ちょうど店主が他の客とのやり取りを終えた所であったので、これは狐かと尋ねて見るとまだ狐のスタンプがあるよ、と示してくるではないですか。
P2173776.JPG
 結局、他にも2つの狐なスタンプが出て来た次第で中々柄も良かった事から購入する事に。狐ではない柄のスタンプも1つ加えて合計4つ、〆て28ポンドとなりました。ちなみに「狐が好きなのか?」と尋ねられたのでそうだと返しますと、「俺の妻も大好きなんだ、胸に狐のワッペン縫い付けてるぜ」と言う具合に店主に返されたものでした。
 なおこれ等4つのスタンプの内、1つは狐塚君の手元に渡りましたので現在、手元にあるのは3つのみとなっています。

 そしてドイツへ移動しますと、こちらもそう多くはないのですが英国よりは多く見かけました。写真はないのですがドイツ到着翌日、Saarbrucken空港から中央駅へと路線バスで移動している際、路肩に止まっていたバンの車体に描かれていた青い狐がその始まりとなりました。
 その後、見かけたのはBerlin S-bahnの車内広告にあった狐です。一体何の広告かと思って調べて見ますと、どうやら風力発電への投資会社の広告( http://www.prokon.net/news_archive/2010/prokon-genussrechte.php )の様で8%と言うのは投資家への配当実績を示している様です。
P2194665.JPG
P2194667.JPG
 しかしざっと見ただけでは、どうして狐の写真を使っているのかは分かりませんでした。とにかく良い顔をしている狐と言えるでしょう、なおリンク先では逆向きになった狐の姿を見る事が出来ます。

 続いてはLing bahnに乗って地下鉄のU8に乗り換える際に利用したHermannstraße駅前にあった「PREIS-FUCHS」と書かれた看板にあるメガネをかけた狐の絵。
P2225575.JPG
P2225576.JPG
 これもある意味、狐らしいふと狡猾そうなそんな顔と言えるでしょう。典型的なイメージの方面に上手く描かれているのではないでしょうか、なおドイツ語では狐の事をFuchsと表記します。何の店かは調べていないので分かりませんが、思わぬ出会いでありました。

 終いはポーランドからドイツまで歩いて見よう、そんな謎の思いつきで向かったFrankfurt an der Oder駅構内で入手した狐の顔の書かれたリキュール。駅構内のアジア料理店で食事した際に、棚に並んでいるのを見かけて駅構内の商店で売っていないかと探したところ売られていたので購入しました。
P2235651.JPG
P2235652.JPG
P2235653.JPG
 なおベルリンに帰ってから改めて商店を見ますと、そちらでも売られておりました。とは言えこれまでの旅行では見落としていただけかもしれませんが見かけなかっただけに、どちらでも購入したのは言うまでもなくそのまま日本にお土産として持ち帰ったのは言うまでもありません。こちらの表情もふとした狡猾さを味あわせつつ、中々の美男子な顔つきなのがまた良い所でしょう。
 なお狐とは外れますが酒ではDDR(東ドイツ)なパッケージの物も見つけまして購入してしまったものです。余り酒は飲みませんがこう言うサイズの瓶を見ると、何だか手が伸びてしまうのは不思議な癖だと思っています。
P2235656.JPG

 以上、そんな具合の道中で見かけた狐達でした。矢張り狐好きとしては狐に纏わる物を見れるだけでふと安堵出来るのだなぁ、振り返るにつけて感じられてなりません。
 なお末尾ながらフランスにてクリニャンクールの骨董市に行った際、金属製の狐のブローチを見かけた事を書いておきたいと思います。
posted by 冬風 狐 at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | キツネ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。